釣りにならない2日間

秋のイトウを求めて北へ向かったのは、土曜の深夜 正確には日曜日です。
雨と強風の予報は確実に当たり 現地に着いた途端に車内爆睡状態。

宿を確保して夕方の1.2時間にロッドを振ったが強風と濁り、そして既に空は暗黒の暗闇に
支笏湖で夜釣りをしているかと錯覚してしまうような状態だった。
友人ryoukunもきっと同じ気持ちだったに違いない。

明日に期待しロッドをたたみ温泉へ
翌日は天気も良く風も南東2.3 明日こそは・・
a0046210_3202734.jpg

Day2
夜も明けぬ早朝AM5:00に宿を出て河口の駐車スペースに車を止めて
そそくさとロッドを繋ぎ川面に立つのだが、川は増水と濁流、そして枯れ枝、枯れ草
が上流から次々と河口に向かって途切れなく流れてくる。川の流れも今までにないくらい強く
今日の釣りが困難極まりない事が数分で読み取る事が出来た。

数時間 無理と解っていてもロッドを振りそして少し上流に移動。
しかし濁りはどんどん次第に酷くなり 透明度はわずか10cmほど

次回に期待したいですな~
a0046210_3302148.jpg

[PR]
by flyman44u | 2011-10-26 03:30 | イトウ
<< 島牧 まったり過ごすサーモン釣り >>