渋かった一日

4週連続の道北、今日はAM5:30釣り開始です。散発のボイルは有るが今日は何かが
違っているような? 
喰わない!近場のボイルはなかなか喰ってくれないのだが流芯であるボイルも喰わない!
スレて来ているのか?そろそろ荒食いの終了なのか?今までとは違う今日は苦戦しそうだ。
開始から20-30分程度で今日は悪戦を強いられる予感がした。
案の定、それからはライン着水での水面への衝撃で表層に居るイトウが驚き波紋を残し
逃げて行ってしまう事がしばしばあった。先週は考えられない事だ。
活性が低いだけではないだろう?その後1時間程度の散発のボイルも収まり干潮の汐止まりへ
a0046210_23332948.jpg

グッドサイズのイトウのボイルもあったが今日はフライをテイクしてくれなかった。
昼近くに僕は一人で河口の湾胴周辺に移動した。此処も散発のボイルがあったが
なかなか喰ってくれない。粘りに粘って近場であったボイルが少し遠くなりランニングラインを
少し引き出した。遠投して何とか散発に繰り返すボイルに届きそうだ!
ボイル直後に何とか僕のフライがボイルに届きリトリーブを4.5回している時に来た!
やっと今日の1本目のイトウが乗ってくれた。ストロークで2.3回引っ張った後に
合わせを入れた!っとその瞬間に・・・・・!

ボイルも無く3人で座りながら川をぼーっと見ていた。ryoukunがatsu君のロッドを振り出した
アクションを試しているのか?もちろんフライも付いたままだった。
キャストしリトリーブを繰り返していた。
何と今まで真剣に釣りをして釣れなかったのに、こんな時に掛かってしまうなんて
しかしバレてしまった。今日は何ともイトウに出会えない一日だった。
[PR]
by flyman44u | 2006-06-13 23:54 | フライフィシング
<< epilogue 迷った末に! >>