知床弾丸日帰りツアー

月曜日の夜に深夜の高速をひた走り、石北峠を越えて北見、端野、美幌、東藻琴、斜里、
ウトロへと走らせた。
フンベ到着は4:30分 出遅れて河口は既にルアーマンで埋め尽くされていた。
駐車場も満車状態だったので、橋の奥側に止めてゆっくりタックルの準備を始めた。

天気も良くやっぱり知床は気持が良い、しかしこの人の多さには参ります。
河口から右岸にかなり外れた所でロッドを振るが、鱒の回遊は見られない。
河口近くのルアーマンが数本釣っているのが確認できたが、鱒が居ない所で幾らロッドを
振っても釣れる筈が無いのだ。数時間が経ち河口のルアーマンも撤収して行く

数回の鱒の回遊も終わりのようだ、しかしその日によっては解らない?僕達も河口に
移動して少し回遊を待った。射程距離にモジリ発見するがまったく喰わない!
どうやっても喰わない!朝一の回遊以外はやっぱり厳しいです。
a0046210_225884.jpg

幌別に移動する、既に11:00 
a0046210_22593278.jpg

網は例年のように、しっかり入っています。
a0046210_2302166.jpg

数人しか居ないが、シングルハンドを振っていたFFMが1本ランドした。
小さい群れでも居るのだろうか?取りあえず30分位やってみよう!
河口に入るが鱒は居ない。そこに居たルアーマンに状況を聞くと、朝一は回遊ゼロで
誰も釣れず、ほとんどが帰ったようだと言っている。そして10:00位に河口に
小さい群れが入り3本釣ったようだった。

そんな話を聞いているとさっきのFFMが2本目をランドしている。釣り人は幌別全体で3人
僕と友人ryoukunを含めても5人だ、そして近くに行って見ると
岸際から20Mラインくらいの距離に小さい群れが深みに溜まっている。
しかし着水してフォール中にも喰わない!おまけにFラインが波で左に流され
ラインごと波で岸に戻され、定位するフライも喰わない、此処も最初の回遊を
逃すとまったくと言って喰わない状況だった。
a0046210_23121214.jpg

結局12:30までロッドを振り10本位は掛けたのだが、7本はスレ、3本位は何とか
口を使ってくれた。魚体も随分と小さいのが多いような気がする。40~50cmがアベ。
a0046210_23191986.jpg

これからの時期は、フライを振ることすら出来なくなるぐらい、釣り人でに賑わうのでしょう!
往復920Km
[PR]
by flyman44u | 2007-07-31 23:21 | サーモンフィッシング
<< フライセレクト 制服 >>