島牧 千走河口での出来事

火曜日の千走河口は友人達が早朝から入っていたが状況はあまり良くないようだった。
南南東の風が強く、波も穏やか過ぎると言う
後ろから吹き付ける強風にバックキャストでのラインが失速してキャストがままならない
状況なんだろう!友人からそんな状況を聞いていたのだが水曜日には一人島牧に
行く予定なのだ。
a0046210_16394799.jpg

友人達も言っていたが水曜日の夜明けの千走河口はまったくと言ってボイルが見られない
状況は昨日と何も変わっていないような気がしてしまう。
そして#4の鮭稚魚フライを結び、河口やや右岸からキャストを始めたのだ
ダシ風に乗り気持ち良いくらいに飛んでくれているのだがフライは何も無かったかのように
自分の足元へ帰ってくる・・・

そして河口の中央へと移動してフライをサイズダウンしてみるが一向に当たりがないのだ
もう既に数十分が経ったのだろうか?
更にもう少しフライサイズを下げてみたのだ!#8フックに巻いた鮭稚魚パターン
この広い海岸でこの小さいフライを何とか海アメが見つけて咥えて欲しい
そんな夢が次の瞬間に訪れたのだ・・
ナナマルオーバー、海アメ釣りを始めて何年経ったのだろうか・・僕にはトロフィーサイズ
嬉しかった、また何時かこれ以上の海アメに出会いたいという欲望が沸々と沸いて来てしまった
a0046210_1722054.jpg

今日はこの一尾に満足してしまいAM10:00には撤収したのだった。
a0046210_1743352.jpg

[PR]
by flyman44u | 2008-04-09 17:07 | 海アメ
<< 河口と本流 鮭稚魚とタイミング >>