umiame そして雷雨

今日も何時もの峠を一つ越へて太平洋岸へ、友人5人が集まり厳しい予報の中での
海アメ釣りにとなった。
やはり予報は予報で1.5mの波のようで沖に数百mは濁っている。手前はゴミ、海草、昆布
がノッテッドリーダーの数箇所のノットに絡み付き、一連のキャスティング動作に支障を
加える始末だ。

波や濁りの状況からルアーロッドに持ち替えた友人二人に海アメからのコンタクトがあった。
やはり遠投有利って事だろう。

諦めきれない僕達はこの状況の中でも濁りが一番少ない波の低いポイントを探し
少し落ち気味の波に向かってキャストを繰り返した。そして唯一F.F.での1本が出た。
友人atsu君がタイプ6のシューティングヘッドで50UPを釣ったのだった。
僕はその直後に掛けたのだが痛恨のバラシで、後ろの河口の溜りで初めてフライロッド振る
知り合いにキャスティングを教えていた時に60UPの海アメが釣れてしまった。
予期せぬ出来事だった。
a0046210_22305415.jpg

やはり予報は予報で無理は禁物って事でしょうかね・・・?
[PR]
by flyman44u | 2008-07-23 22:37 | 海アメ
<< シレトクと野生のヒグマ 波の状況次第では・・! >>