カテゴリ:スペイフィッシング( 15 )

ダウンクロス

先週に引き続き千歳川でのspey fishingです。体力的に島牧直行は厳しく今週も諦めた次第。

数時間speyで川に立ち込みキャスティングするのも良いもです・・

ボイルは散発で少ないボイルでもレーンにはキッチリBT入っているようでした。
自分のホームのポイントですがね。
しかし結果は一番小さいBTはキャッチ出来たのですが、後の2尾はジャンプ一番でバレ・・
もう一尾はヘッドシェイク数回でバレ・・ 良いサイズだったんですがね・・
a0046210_19184529.jpg

キャスティングも未熟だけど釣りそのものも未熟な事に気付かされた数時間でした(笑)。
a0046210_1919176.jpg

今度は釣りますよ・・  あそこのレーンに居るBTを・・
[PR]
by flyman44u | 2012-04-18 19:20 | スペイフィッシング

近くを流れる川にてSpey

先週も天気が悪く千歳川にてSpeyの練習でした。そして昨日も島牧を諦め
長都でSpeyキャストの練習を兼ねて鮭稚魚のボイルを探したのですが
a0046210_12201353.jpg

殆ど無く唯一、立ち位置から一度あったボイルにキャストし偶然ながら
ブラウンがHIT.
鮭チ魚は岸際には沢山いるのですが、ボイルは殆ど無く厳しい状況でした。
数時間キャスティングを楽しみながら釣りをするSpeyも楽しいものですね。
a0046210_12265751.jpg

a0046210_12274924.jpg

ボコボコにボイルするタイミングで今度は出会ってみたいものです。
a0046210_1230841.jpg

[PR]
by flyman44u | 2012-04-10 12:30 | スペイフィッシング

上空にジェット機、川には鮭稚魚

殆どこの時期には行った事の無い近くの川。きっと今時期は鮭稚魚がいっぱい居るんだろうな?
期待は殆ど無かったのだが、ボイルが見られるだけでも良いか・・

それに自宅から数キロの近場なので釣れなければ直ぐに帰宅できる
お手軽るポイントである。
a0046210_15231166.jpg

少なかれ時折グッドサイズが鮭稚魚にボイルしている。
久しぶりのSpey バックスペースがどれくらい取れるのか全く解らず
やむなくのSpey・・

ボイルしている対岸の岸際にラインとフライをトレースしなければならない。
少しばかりボイルをしている所から上流に立ちキャスティングする

フライを島牧で使用している#8の鮭稚魚にローテーションして数キャスト目
斑点の多い鱒がヒット・・
a0046210_1532140.jpg

a0046210_15322543.jpg

その後、少し下流でもボイル・・ そして下流に少し移動して数キャスト目
またしてもヒット・・   ランディング寸前にフックアウト・・

初めてこの時期に訪れたエアポートリバー ポテンシャルの高さには驚きました。
a0046210_15355453.jpg

ほんの2hの釣行でした。
[PR]
by flyman44u | 2011-04-21 15:37 | スペイフィッシング

十勝川本流のイブニング

初めて訪れる本流は電子地図帳でピンポイントで確認しナビに目的地をメモリーする
作業からの始まりであった。

果たして無事到着出来るのだろうか?情報だけで・・!先週末に此処のポイントは
10名ほどが入り殆どの人が釣果を上げていたようす
ヒゲナガもスーパーハッチしていてイブニングには水面がゴボゴボ状態だったような
ライズを選んでキャストする贅沢な釣り羨ましい限りですね。

しかしながら既にもう4.5日が経過している現実を考えるとスーパーハッチは既に終わって
週末の本流とはきっと変わっている。ハッチもまばらだろう
友人の知り合いのF.F.Mはイブニングだけで7本、この日一日で20本以上のレインボーを
釣ったようです。この釣り場に居られた人で最大70cmが出たようです
a0046210_22415623.jpg

夜中に自宅を出てナビの案内でピンポイントでフィールドに到着したのはAM3:30頃
少しばかり尻別川の昆布エリアに似た流れが印象的に思えた。

早朝の時間帯は良さそうに思えたのだが重たい流れからの反応は無いようだったので
支流が流れ込む少し上流域にポイントを変えて早瀬を流すと40cm以下のレインボーが沢山
遊んでくれたんだが・・   40UPが出ません・・
a0046210_2249833.jpg

どうやらこの様子だとイブニングも思うよな釣りは出来ないようよだと思い込んでいた。
ちょっと情報に浮かれ過ぎていたようにも思うし釣りはたった一日で状況も変わってしまうもの
数本でもレインボーを釣る事が出来てこの流れや、十勝川の自然と同化して釣りが出来る
幸せを感じ取れれば良しと出来るのでは無いだろうか?
a0046210_22542836.jpg

イブニングにはヒゲナガが乱舞し結構なハッチが有ったのだがもう鱒は捕食に飽きたのだろうか、ライズは散発で暗くなる寸前に僕はウグイだけでしたが友人atsu君はセッジで
1本レインボーをキャッチされましたね。
a0046210_22581319.jpg

a0046210_23455241.jpg

遠いようで実は近い十勝川本流この次はポテンシャルの高さを味わいたいもですね。
[PR]
by flyman44u | 2008-07-04 23:05 | スペイフィッシング

豊国橋駐車場集合

何時もの友人達と待ち合わせ4人が集まるのは最近は珍しく公休がなかなか重ならない
事もあって久しぶりに本流のspeyです。
a0046210_22163477.jpg

a0046210_22165397.jpg
a0046210_2217734.jpg
a0046210_22172047.jpg

イブニングまで頑張りましたがハッチも少なく多いのはヌカカの攻撃だけでしたね。
50箇所以上も刺されましたわ。でも懲りずに通いますよ本流には・・・!
[PR]
by flyman44u | 2008-06-25 22:19 | スペイフィッシング

本流 Spey

尻別本流の水位を見るとかなり下がって来ているので今日は支笏湖にしようか本流に入るべきか迷ってしまった。結局は欲張りな僕は釣果を気にせずに支笏湖、本流のコースを
辿ってしまった。

今日の気温は随分と低く朝は外気温が0度この時期にしては寒すぎる
本当はゆっくりお昼ごろからスタートすれば少しは暖かく鱒の活性も上がってくる頃なんだろうが?
しかし支笏湖は何時も僕には厳しい少しばかりのウエディングで体温はあっという間に
低下し僕の釣り欲さえも奪ってしまった。でも釣れなくとも支笏湖でキャスティングしていると
気持ちが良いんですよね・・・!

そして本流へ
a0046210_19381531.jpg

まだ少しばかり水量は多いんですが充分釣りが可能です。雰囲気は充分・・
流れの速いガンガン瀬、以前にも小さい虹鱒が相手をしてくれた事が有ったような
流芯の向こうにキャストしてランニングラインをメンディング、メンディング、そしてフライがターンしてドラグが掛かるかという時に突然に・・!
a0046210_1948376.jpg

今シーズン初のレインボー!! サイズは大きくは無いが嬉しい瞬間です。
40cmを少し超えたシルバーメタリックが綺麗なレインボーでした。
a0046210_19481797.jpg

最近はどうも此処に溜まっているようですね。
[PR]
by flyman44u | 2008-05-12 19:59 | スペイフィッシング

久しぶりに友人と

今日は何時もの友人ryoukunと美笛インレットで早朝に待ち合わせをしていた。
4/25日に美笛キャンプ場へと繋がるゲートが開けられ
インレットまではRV車でなくとも容易に行く事が出来る!早朝のインレットに少しの期待が
無かった訳では無いのだが、思った以上にライズが少ない

友人より30分以上先にインレットに着いた僕はタックルを準備して釣りを開始していたのだ
静まり返った湖面に美笛川から冷たい真水が流れ込み沢山の養分が、きっとこの支笏湖に
流れ込んでいるのだろう。時折何を捕食しているのか分からないのだが
小さい魚がライズリングしている。

少し気温が上がって来るともっと鱒の活性も活発になるような期待が膨らんで来る
そんな早朝のインレットだった。
何も起こらないままに友人が到着した。久しぶりに一緒に釣りをする
釣れなくとも支笏湖の自然と会話をしてゆっくり時間を過ごすのも良いものだ!
a0046210_20191854.jpg

二人並んで流れ込みの両サイドからキャスティングしていたその時僕のロッドが
軽く曲がった。流れ込みに送り込んでいたラインに少しだけ衝撃が・・
大きくは無かったけれど Qではない・・  ジャンプもしないのでレインボ-でもなさそう・・
銀燐に輝く支笏湖チェリー!支笏湖ではアベレージサイズだろうが僕は支笏湖では
サクラは釣った事がなかった。40cm位だが少しばかり嬉しかった
写真を撮ろうとデジカメに手をやった瞬間にフックをはずしてあげた銀鱗の鱒は

シャッターが切れるのを待たずして自力で冷たい支笏湖の湖へと帰って行ったのである。
これもまた魚にはダメージが無く笑って見送る事が出来た。

その後数回インレット付近でブラウンらしきライズが数回見る事が出来たのだが
まったく無反応なのでポイントを移動して数時間頑張ったが二人共に
鱒からのコンタクトがないままに終了です。
[PR]
by flyman44u | 2008-04-30 20:36 | スペイフィッシング

早朝の湖畔

久しぶりに訪れる支笏湖、僕にとっては釣れない印象が多いのだがロッドを出さなければ
延々に釣れない。支笏湖フリークのF.F.Mでさえ毎回釣れる訳では無いのだが

でもドキットするようなリトリーブの衝撃が味わいたい
そしてあのロケーションの中でロッドを振りたい。さて何時間持つのでしょうか?
a0046210_1542232.jpg

最近の高釣果が聞かれる支笏湖なんだが、そんなに甘くはないのは承知だが
早朝にと言ってももう既にAM7:00は過ぎていたと思う。何時もは美笛方向に車を走らせるのだが、今日は久しぶりに別ポイントへ向かった
風が左から風速4ほどの風、そして湖面は今時期の島牧よりも波立っている。
気温が低いのが気になるのだが雰囲気はMAXなのである。
湖畔でのスペイは初心者、いや何処のどのポイントでも初心者だろう・・

まずはテーリングでフライを2.3個のロスト、お後は根掛かりで3個ほどロストです
フライをロストした数だけ鱒に出会えるように、また支笏湖に足を運んでみよう・・
[PR]
by flyman44u | 2008-04-18 15:17 | スペイフィッシング

厳しい十勝川

十勝川本流の釣り、初冬の12月初旬の釣り。キャスティングして釣りが成立出来ていたのかな
ふと帰ってきた時に反省をしている自分。この流れでティップはタイプ6で良いのかな?
フライは底をスイングしていたのだろうか?など、数え切れないほどの疑問が生まれて来る

少しべりーが太いスカジットライン、ショートべりーで僕のような初心者には扱いやすいのだが
ただ単に自分が思っているレンジにキャストしているだけでは無いのか?

ベーリーが太い分ドラックも掛かりやすくメンディングも大きく入れなければならない。
その分抵抗も大きく水面下のティップも浮きやすくフライも浮きやすいのでは?
などと、スペイの事などさっぱり分からないが自分勝手に判断している。

今週も水曜日に十勝に入った。5フィートのチーターをミドルセクションに入れキャストし易く
ドラックの抵抗も少し柔らげるのか?
a0046210_22242413.jpg

朝の外気温マイナス11度、多分日中の最高気温も0度以下の真冬日だろう。
下流域のあるポイントに入るが氷が張っているのと、上流から大きな塊や数十メートルの
氷の板状になっている物、どんどんと流れてくる。AM10:00ころになっても
塊はどんどんと流れ下流域に集まって来る。氷の開いている部分にキャストするが
ランニングラインが氷に取られキャスティングを邪魔する始末。

おまけに今日は終日ガイドの氷は取れる事は無かった。最後にポイントを数箇所移動したが
此処も上流から氷が流れて来た。
十勝本流、厳しい釣りになったが次回に繋がる色々な事を得たような気がする。
a0046210_22372631.jpg

[PR]
by flyman44u | 2007-12-05 22:39 | スペイフィッシング

激寒の本流

火曜日の深夜友人達と圧雪アイスバーンの日勝峠越へ。目指す目的地は
十勝川。ほぼ1年半ぶりの十勝川である
以前は3月から4月に掛けて2回ほど訪れているが、初冬の十勝は初めての釣行である。
a0046210_22413360.jpg

朝の気温はマイナス6度 やっぱり厳しい。全員僕を除く友人達は数尾のアメマスの
ファイトを楽しみ、また激寒の中ディープウエディングでおのおのにスペイキャストを
楽しんでいた。自分はズーット厳しい釣りが続いている!
この壁は少しばかり厚く、硬く、閉ざされているのか?自分で近い内に破らなければ・・・
[PR]
by flyman44u | 2007-11-28 22:54 | スペイフィッシング