<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

久しぶりに友人と

今日は何時もの友人ryoukunと美笛インレットで早朝に待ち合わせをしていた。
4/25日に美笛キャンプ場へと繋がるゲートが開けられ
インレットまではRV車でなくとも容易に行く事が出来る!早朝のインレットに少しの期待が
無かった訳では無いのだが、思った以上にライズが少ない

友人より30分以上先にインレットに着いた僕はタックルを準備して釣りを開始していたのだ
静まり返った湖面に美笛川から冷たい真水が流れ込み沢山の養分が、きっとこの支笏湖に
流れ込んでいるのだろう。時折何を捕食しているのか分からないのだが
小さい魚がライズリングしている。

少し気温が上がって来るともっと鱒の活性も活発になるような期待が膨らんで来る
そんな早朝のインレットだった。
何も起こらないままに友人が到着した。久しぶりに一緒に釣りをする
釣れなくとも支笏湖の自然と会話をしてゆっくり時間を過ごすのも良いものだ!
a0046210_20191854.jpg

二人並んで流れ込みの両サイドからキャスティングしていたその時僕のロッドが
軽く曲がった。流れ込みに送り込んでいたラインに少しだけ衝撃が・・
大きくは無かったけれど Qではない・・  ジャンプもしないのでレインボ-でもなさそう・・
銀燐に輝く支笏湖チェリー!支笏湖ではアベレージサイズだろうが僕は支笏湖では
サクラは釣った事がなかった。40cm位だが少しばかり嬉しかった
写真を撮ろうとデジカメに手をやった瞬間にフックをはずしてあげた銀鱗の鱒は

シャッターが切れるのを待たずして自力で冷たい支笏湖の湖へと帰って行ったのである。
これもまた魚にはダメージが無く笑って見送る事が出来た。

その後数回インレット付近でブラウンらしきライズが数回見る事が出来たのだが
まったく無反応なのでポイントを移動して数時間頑張ったが二人共に
鱒からのコンタクトがないままに終了です。
[PR]
by flyman44u | 2008-04-30 20:36 | スペイフィッシング

忘れ物

今日は支笏湖へと思いまだ暗い道を湖畔へとハンドルを握った。
ゆっくり昼近くに家を出て数時間過ごす支笏湖の方が、きっとのんびり出来るのだろうが

僕は早く釣りをやめた時の事を考えその後の時間を有効にと思っていたんだろう。
時間の作り方が上手くないのは今も昔も余り変わっていないのだろう。
a0046210_233233.jpg

ポイントへ到着してロッドを準備していたんだけれどウエディングジャケット
そしてウエダー、後ろのリヤゲートを開けると随分とスッキリしている。
まだ気が付いていない自分だった。そしてラインバスケット・・!
あれっ・・! 後部シートの間に挟まっているのだろうか?確認するが無い!

そのままUターンした。何と自分で車の中を整理して一度ウエダーバックごと
ラインバスケットも物置の棚にいれたのだった。
この時点でもう今日は釣りをやめようか迷ったのだけれど、気を取り直して
また支笏湖へと行ったのである。150km
今日は支笏湖が凄く遠く感じる日だった。こんな日は何をやっても駄目なんですよね・・!

何の当たりすらなくポイントを移動する。
a0046210_23155690.jpg

直ぐに魚の反応があったが丸々太ったQ
キャンプ場へ移動して一度ショートバイトがあったが乗らず何をやっても空回りですかね。
少しばかり風が強かったり波が少したったりしていた支笏湖だが天気も良く
昼間は気持ちが良い支笏湖だった・・ あー、無駄な100kmだったな
走行距離200kmでした。
[PR]
by flyman44u | 2008-04-25 23:31 | フライフィシング

grain

フライラインの重さに良く使われるgrainではなく今日は職場でサーロインステーキ用に
和牛をカットしていました。我々は牛肉のグレードを大きくgrain,grassと分けています。
これは何を食べて育ったか?飼料、牧草
グレードの高い牛は主に穀物、小麦等を与えられ成長している牛です。
画像にある和牛はもちろんgrainで小麦等の飼料で育った和牛なので牛脂は
僕の体温で簡単に融けてしまうのです。
a0046210_2323449.jpg

最近は個人的には肉より魚でしょうかね(笑)。
[PR]
by flyman44u | 2008-04-23 23:04 | etc

ロッドを持たない釣り師

今日はPMから所用があり何とも釣りには行けない日だった。一人で近場の支笏湖に
早朝からと考えていたのだが、散歩がてらに家族とモーラップへ行ってみたのだ。
a0046210_1143588.jpg

釣りをしない日は天気も良く暖かく過ごしやすいんですがね・・
遠くでF.F.Mが二人気持ちよさそうにロッドを振っていました。
[PR]
by flyman44u | 2008-04-22 01:18 | etc

早朝の湖畔

久しぶりに訪れる支笏湖、僕にとっては釣れない印象が多いのだがロッドを出さなければ
延々に釣れない。支笏湖フリークのF.F.Mでさえ毎回釣れる訳では無いのだが

でもドキットするようなリトリーブの衝撃が味わいたい
そしてあのロケーションの中でロッドを振りたい。さて何時間持つのでしょうか?
a0046210_1542232.jpg

最近の高釣果が聞かれる支笏湖なんだが、そんなに甘くはないのは承知だが
早朝にと言ってももう既にAM7:00は過ぎていたと思う。何時もは美笛方向に車を走らせるのだが、今日は久しぶりに別ポイントへ向かった
風が左から風速4ほどの風、そして湖面は今時期の島牧よりも波立っている。
気温が低いのが気になるのだが雰囲気はMAXなのである。
湖畔でのスペイは初心者、いや何処のどのポイントでも初心者だろう・・

まずはテーリングでフライを2.3個のロスト、お後は根掛かりで3個ほどロストです
フライをロストした数だけ鱒に出会えるように、また支笏湖に足を運んでみよう・・
[PR]
by flyman44u | 2008-04-18 15:17 | スペイフィッシング

河口と本流

早朝の千走河口は波も無く穏やか過ぎだった。僕の隣で62cmが1本だけで
後は海イワナの洗礼を受けて終了です。
a0046210_2217465.jpg

その後数年ぶりに訪れる道南の本流で久しぶりにキャストするスペイキャストは
右からの強い風に悩ませられながらキャストしていた。島牧とは何故にこんなに気温も天候も
違うのか、ディープウエディングしている体は数分で冷え切ってしまった。
a0046210_2159394.jpg

何時も思うのだが、もう少しキャスティングの練習をしておいた方が良いのでは?
上達しないキャスティングには溜息が漏れそうになる。

でも鱒はこんな下手糞なキャスティングとは気が付かずフライをテイクしてくれたんでしょうかね?
a0046210_2223090.jpg

a0046210_2241424.jpg

僕の島牧遠征もそろそろ終了か・・!
[PR]
by flyman44u | 2008-04-14 22:08 | 海アメ

島牧 千走河口での出来事

火曜日の千走河口は友人達が早朝から入っていたが状況はあまり良くないようだった。
南南東の風が強く、波も穏やか過ぎると言う
後ろから吹き付ける強風にバックキャストでのラインが失速してキャストがままならない
状況なんだろう!友人からそんな状況を聞いていたのだが水曜日には一人島牧に
行く予定なのだ。
a0046210_16394799.jpg

友人達も言っていたが水曜日の夜明けの千走河口はまったくと言ってボイルが見られない
状況は昨日と何も変わっていないような気がしてしまう。
そして#4の鮭稚魚フライを結び、河口やや右岸からキャストを始めたのだ
ダシ風に乗り気持ち良いくらいに飛んでくれているのだがフライは何も無かったかのように
自分の足元へ帰ってくる・・・

そして河口の中央へと移動してフライをサイズダウンしてみるが一向に当たりがないのだ
もう既に数十分が経ったのだろうか?
更にもう少しフライサイズを下げてみたのだ!#8フックに巻いた鮭稚魚パターン
この広い海岸でこの小さいフライを何とか海アメが見つけて咥えて欲しい
そんな夢が次の瞬間に訪れたのだ・・
ナナマルオーバー、海アメ釣りを始めて何年経ったのだろうか・・僕にはトロフィーサイズ
嬉しかった、また何時かこれ以上の海アメに出会いたいという欲望が沸々と沸いて来てしまった
a0046210_1722054.jpg

今日はこの一尾に満足してしまいAM10:00には撤収したのだった。
a0046210_1743352.jpg

[PR]
by flyman44u | 2008-04-09 17:07 | 海アメ

鮭稚魚とタイミング

土曜日の早朝に千走河口に立っていた。何時沸くのか分からない鮭稚魚、タイミングは難しい。
リールからランニングラインを出している最中に、ゴボッツ、ゴボッツっと
2度ほどの波打ち際でのボイルを見たのだけれどもキャストし始めた頃には・・・
何も無しでした。波も多少有り、どの海岸も雪代の影響なのか白濁り状態で
底荒れ後の手前は毎回海草、昆布が纏わり付く始末・・
早期撤収でした!AM9:30撤収
a0046210_19551297.jpg

爆釣までとは言いませんが少しだけ鮭稚魚で釣りたいだけなんですがね
来週はどうなる事でしょうかね?タイミングが鍵ってとこでしょうかね・・
[PR]
by flyman44u | 2008-04-05 19:58 | 海アメ