<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

浜益川のサーモンフィッシング

今シーズンの応募はどうしようかな?毎年迷いながらも参加している浜益川での鮭釣りだが
本年も今日が事前調査のスタート日でした。

公休に当たっていたので参加させて頂きました。少しばかり古い群れが沢山今年も
浜益川には帰って来ています!全てリリースしたいのですがね・・・!
a0046210_2214040.jpg

同社のT氏も無事に数本のサーモンを釣る事が出来ました。本人ははじめて釣るサーモン
に感激でした。

途中にスコールのような降雨が来て3時間程どしゃ降り状態で直ぐに40cmほど増水
濁流になりお昼頃には終了でした。夕方まで釣り続けると40~50本は釣れてしまうんじゃないかな?

ルールでは1日に5本釣ると終了ですがね!全てキープです!辛いですね・・!
[PR]
by flyman44u | 2008-08-29 22:21 | サーモンフィッシング

勇敢なF.F.M

先月の7/23日に行った太平洋沿岸の海アメの釣りで、実は同社のボイラーマンを
やっている60歳を少しばかり超えたT氏を連れて行っていた。

フライロッドを振るのは当然初めての事でこの日は雨の中で黙々とキャスティング練習って
感じでした。楽しいのか苦しいのかは分かり得ない感じだったのですが、僕達が少ないながら釣った海アメを見て是非釣りたいという気持ちがかなりあったようです。

僕の使っていないタックルを貸しているのですが、次回の為にとフライのタイイングを始め
今年はサーモンも釣りたいと赤い毛鉤も巻き始めています。
そんなT氏が天気が良ければまた太平洋岸に行ってみると言い出したのだ。僕はもう1本
ラインを貸してあげてリーダーを2本あげた。そして前々回に良く釣れたフライを数本と
昨年までのフライを10本程度は進呈した。

まだまだ飛距離が出ないので濁りがあると不利な事には変わりないのだが、釣ろうという
気持ちは僕らより強いように思えるので何とか1尾でも釣れてフライフィッシングの楽しさを
味わって欲しい気持ちでした。

そして8/8に一人で音別に向けて・・・!!
無事に到着して釣りに成っているのか心配で携帯で連絡を取ってみると何とか釣りには
なっていたようだった。しかし波の音が電話からも聞こえて来るので予報よりは波が高いようだった。ラインを聞いてみると手持ちの2本でも軽いシンクレートを使っていたようだったので
まずはヘッドの交換と波がもっとも低く、濁りの少ないポイントを探して釣るようにと
アドバイスを入れた。

後は本人が釣ろうという意欲を持続させて釣れるんだと思ってキャストを繰り返してくれれば
何とかなる筈。
結果・・3本釣って 1本バラシ 全て50UP

本人も嬉しかったようですが、僕も嬉しかった。今度はサーモンを釣らせるよ!!

Tさん、おめでとう!!
[PR]
by flyman44u | 2008-08-13 00:15 | 海アメ

シレトクと野生のヒグマ

フレッシュなカラフト鱒が見たくなるこの季節日曜の深夜に家族で知床に向け
高速に乗り雨が降る中420kmを走った。

カラフトは道北でも太平洋沿岸でも釣れるのだが、個人的には知床の海で釣るのが好きなで例年知床には行っているような気がします。
a0046210_22104417.jpg

知床に到着ししたのはAM4:30分頃、既に明るくなっていたのだが道中も雨で知床もやっぱり雨が降っていた。海岸に降りると15名程度の釣り人で釣れている
様子でもないようだった。河口に入ったのだが左岸には誰一人居ない
当然のように僕には当たりすらなく数時間が経ってしまった。右岸には10名位には減っていった釣り人だが、帰るその手には1.2尾程度ギンピカのカラフト鱒をぶら下げ誇らしげに帰って行く。僕は何時もカラフト鱒は100%リリースしているのだが、理由はあまり食べる気がしないだけなんですがね。

釣れない時間だけが経って行く中数回の跳ねや、もじり確認できたのだがやはり釣れない
一人、また一人と帰って行く中で釣り人は僕を含めて3人になり少し離れたポイントで
背びれが出たのを確認した僕は30mラインの岩盤底付近に回遊するカラフトを見つけた。
そこで集中的にキャストを繰り返しヒットさせたのだが、3本掛けて3本共にランディング寸前で
オートリリースでした。一尾は手にしたかったのですが残念です!
充分ファイトは楽しめたので良しとしますか?
しかしその後に80m後方の小高い岩の方に野生のヒグマが居るではないですか・・・!
少しでも近寄って来たら少しずつ車の方向に逃げる準備をしていたのですが
15分程度うろうろしていたのですが、降りてくる様子も無く山に帰って行ったので
その後30分程度釣りをしていたのですがどうも集中できずに終了でした。

きっと此処のヒグマは人間は見慣れているのでよほど威嚇、ケンセイをしない限りは
人間には近寄らないような気がします。しかし一歩間違えばって事も有りますから
これが渓流釣りをしているような山だったら襲われていたかもしれませんね!
8/4の幌別 AM9:30頃でした。
a0046210_22463573.jpg

[PR]
by flyman44u | 2008-08-05 22:53 | サーモンフィッシング